個人事業主が開業届を出すメリット

IT分野で働くエンジニアが個人事業主として独立するというケースも増えている。IT企業に勤務している場合は企業内に総務や経理といった管理部があるのが一般的であり、そこで社内の管理をしているものだ。企業側で毎月の給与計算を行なわれ社会保険や所得税などの計算がなされる。

年度末には保険料の控除なども必要書類の提出がなされていれば処理されるため、税金の計算も不要であり個人での申告をする手間がない。これが個人事業主なれば、自身で納税などをすることになるほかに、事業を始めると開業届の提出も必要となる。

この開業届には色々なメリットがあるため覚えておいて損はないものである。仮に開業届をしていない場合、確定申告のタイミングにおいて白色申告という方法を選択することになるが、提出することで青色申告が出来るようになる。青色申告は手間は必要になるものの節税効果が高い申告方法として知られている。但し、計算が複雑になる場合があるため個人用の会計ソフトなどを活用するのも一つの方法である。これを用いれば簿記の知識が殆どなくても帳簿をつけることが楽になるのだ。

会計ソフトは大手の通販サイトなどでも手軽に購入することが出来るため個人事業主は手に入れておきたいものだ。また、申告の際に分からない部分については実際に税務署に足を運んで教えてもらいながら記載をするという手段もある。調べても分からないという場合もあるため臨機応変さが必要だ。
とはいえ、開業届けを提出していれば、後々プラスになることが多いのだ。開業届についての詳しい詳細は【個人事業主イロハ】に記載がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>